本の裁断後のデータ化

本の裁断後のデータ化時のポイント

裁断した書籍をデータ化する時は、基本的にはPDF化してPC等に保管します。通常、スキャナーに付属しているソフトの設定時に、PDFとしてデータ化するか、JPG形式などでデータ化するかを選ぶことができるようになっています。

 

 

断裁した本をPCに取り込んでデータ化しようとするとき、基本となるデータ形式はPDFファイルです。

 

PDFファイルは、若干データ容量が大きいなーなんて感じる時もあるのですが、基本的に、文書を読むのに適したフォーマットですし、本という何ページもある状態の書類の集まりを実際に読み込むという時にはかなり楽なんですね。

 

JPEGで保存するというやり方もあるのですが、それだと各ページがバラバラになってしまうんですよね。

 

同じフォルダに入れて管理すれば、それはそれで、まあ悪くはないんですが、一つの本を裁断したのであれば、やはり続きの状態になっている方が読みやすいです。

 

なので、やはりPDFの慶s木でデータ化しておくことが良いと思います。

 

PDFだと、見開きにしたり、1枚の状態にしたりと、いろいろな表示形式も選べますし、何と言っても1つのファイルで一元的に管理保管できるので、そういう意味で煩わしさがありません。


本の裁断NAVI