快適な本の裁断に必須の要素とは何なのか?

快適な本の裁断に必須の要素とは?

快適な本の裁断に必須の要素として挙げるべき内容について考えてみたいと思います。

 

あ、勿論、自分で本の裁断を行う場合ってことです。

 

本の裁断サービスとかに依頼するんであれば、快適もへったくれもないですしね・・・っていうか、コストと信頼などの別の問題もあったりしますが・・・。

 

今回は自分で裁断機を利用して本を裁断する時にということで、快適性を享受するために必要な要素について私自身の体験から考えてみたいと思います。

 

何だかんだ言っても切れ味って大事

本の裁断作業を行う上で、やっぱり大事なことって切れ味だと思います。これ、かなり大事ですね。

 

いろんな裁断機を使っていると、それぞれに癖や特徴があったり、そもそも性能の差もあります。

 

なので、いろいろな部分で差があるんですが、やはり切れ味ってかなり大事ですね。スパっとキレイに切れてくれると気持ちもいいし、それはそのまま仕上がりに繋がるわけなので、かなり大事なことです。

 

上手く切り落とせなくて、もう一度同じ個所に刃を入れなきゃなならない・・・そんな工程が何度も続くと、正直イライラしてきます。

 

快適性とは正反対の状態に陥ってしまうわけです。

 

切れ味は作業の効率、ひいては必要な所要時間の差となって現れる

気持ち的にイライラしないで快適に本の裁断ができるっていう感情的な面も大事ですが、同時に、切れ味が所要時間の差となって現れてくる場合があります。

 

前述のようなパターンで、本が上手く切れきらないような場合、

 

  • 別のところを裁断しないように本を再調整
  • 抑えながら慎重に裁断

 

という快適性とは正反対の工程を踏むことになり、かなりの時間をロスしてしまう結果になります。

 

これ、結構起こりますよ、実際の自炊の現場では。

 

何の作業もそうですが、快適な作業を実現するってことはとても大事なことですよね。

 

本の裁断作業にとっては、まず何と言っても切れ味の部分が最も大事な要素になってくると私自身は圧倒的な経験からそう実感しています。

 

特に、今日は溜まってる雑誌類を全部一気に裁断するぞーなんて時には、思いっきり重要なポイントとなってきます。

 

結局、大量に作業するような場合に、切れ味が快適な作業に繋がっていくってことを実感することになるわけです。

 

というわけで、快適な本の裁断を実現する上で最も大事な要素は何か・・・について考えてみましたが、それはまさしく切れ味に他ならないと思います。


本の裁断NAVI